ソフィーナの土台美容液の詰め替えがオススメな理由とは?

化粧品の詰め替えが販売されているのは今でこそ当たり前と感じる方が多いでしょう。

しかし詰め替えが多くのブランドで販売されるようになったのは、ごく最近の話。

ソフィーナの土台美容液は炭酸が配合されていますが、詰め替え可能となっています。

そう考えると非常に便利な時代、そしてエコが本格的してきたことを感じます。

そんなソフィーナの土台美容液の詰め替えのオススメポイントを見ていきましょう。

ソフィーナの土台美容液は詰め替えで買うのがおすすめ

ソフィーナの土台美容液は詰め替えが販売されていることをご存知の方は多いでしょう。

本体を購入するよりも詰め替えがオススメな理由をポイントごとにチェックしていきましょう。

ポイント1:価格
まず大事なポイントは価格です。

少しでも安く購入できる方法を知りたいという方は多いと思いますし、安く購入できることは継続使用にも繋がりますよね。

ソフィーナの土台美容液は本体価格が5400円(税込)です。

詰め替えボトルの価格は4860円(税込)です。

本体価格を購入するよりも詰め替えボトルを購入するほうがやや安くなるのは嬉しいですよね。

ポイント2:量
ソフィーナの土台美容液の本体容量は90mlです。

詰め替えボトルの容量も本体容量と変わらず90mlとなっています。

価格は詰め替えボトルの方が安いのに容量は本体容量を変わらないため、詰め替えを買わない手はありませんよね。

ポイント3:付け替え簡単
ソフィーナの土台美容液を付け替える際は、本体と詰め替え用の2つを手元に用意する必要があります。

初回購入の際は本体を購入しないと意味がなく、詰め替え用だけ購入してもポンプが付いていないため使用することができません。

そのため、本体購入時と詰め替え購入時どちらを購入する際も、自分が必要なのはどちらなのかを把握して店頭で間違えることなく商品を選ぶようにしましょう。

ソフィーナの土台美容液の詰め替え用ボトルを購入すると、つけかえ方法の説明書がついているのでそちらにも必ず目を通すようにしましょう。

まずは、本体ボトルのキャップの部分を回して外します。

銀色のキャップの部分とその下の白い土台は必ず取っておきましょう。

次に詰め替え用ボトルのキャップを外して、本体に付いていた白い土台を取り付けていきます。

しっかりと土台がはまったら本体のポンプの部分を詰め替えボトルに装着して完了です。

本体に付いている白い土台とキャップを詰め替えボトルに付け替える作業となるため、詰め替える際はどちらのボトルも手元にある状態で作業を始めるのが良いでしょう。

ポイント4:注意点
詰め替えを購入しても本体を捨ててしまうと使用することができません。

詰め替えには、本体上部のキャップ(ポンプ)部分と白い土台が必要となります。

本体を使い終えたらキャップと土台を外して取っておくか、新しく詰め替え用ボトルを購入してから本体のキャップ部分を外すなどして本体を捨てないようにしておくことが大事となります。

限定品やトライアル品

ソフィーナの土台美容液には、本体と詰め替え以外にも限定品とトライアルサイズの販売を行っています。

限定品は“恋デザイン品”として通常版と異なるピンクのパッケージで販売されています。

いつもと違った雰囲気のデザインなので気分を変えたい方や限定品に目がない方はゲットしてみてはいかがでしょうか。

またトライアル品は本体よりもやや小ぶりの55mlサイズで2970円(税込)で販売されています。

使い心地が気になっている方や持ち運び用として持っておきたいという方におすすめのサイズ感で、友人へのプレゼントにもおすすめです。

ソフィーナの土台美容液は本体と詰め替え以外にも限定品やトライアル品など様々な形で販売をしているので、初めて使用する方にも挑戦しやすいように販売されています。

気になる方はこの機会にトライしてみてはいかがでしょうか。